読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.I.lab(エー・アイ・ラボ)- 人間の、人間による、人間のための人工知能メディア

人工知能の考察、ディープラーニング、機械学習、各種アルゴリズムなど。

【2016年最新版】人類の未来を描く人工知能のおすすめ映画10選

Artificial Intelligence

秋の夜長に人工知能関連の映画はいかがでしょうか。

f:id:ailab:20161019180506p:plain
人工知能の映画のお話です。

人類の進歩を表す出来事として「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の空飛ぶスケボーをどこそこがついに実現などというニュースが注目され、近未来を描く映画の中に登場するモノや仕組みが現実味を帯びてきている今日このごろですが、果たして、人工知能の映画が描く未来は現実となりうるのでしょうか?

ネタバレなしでお届けします。

それではご紹介いたします。

1 - The Terminator(ターミネーター

言わずと知れた「ターミネーターシリーズ」の第一作です。シリーズ作品を通しておもしろいのですが、せっかくなので元祖ターミネータをあげさせていただきました。スカイネットがまさに人工知能です。人々が恐れるシンギュラリティーというのはこういったイメージ類になるのかもしれませんね。

2 - The Matrix(マトリックス

ファンも多いので言わずもがなですが、おもしろいです。アクションやCGにめがいきがちですが、トーマス・アンダーソンがプログラマでありハッカー(ネオ)であるというところもなんだかワクワクします。

3 - A.I. Artificial Intelligenc(エー・アイ)

A.I. [Blu-ray]

A.I. [Blu-ray]

巨匠スピルバーグ監督作品ということで、観たことのある方もおおいのではないでしょうか。いわゆる人工知能ロボットを素直に導入していくと近い世界になってしまいそうです。ロボットが人間のようになるのはまだまだ先の話だとはいえ。。

4 - I, Robot(アイ, ロボット)

舞台は2035年。ロボットに破ってはいけないルールを設けることで、保険とするわけだが、ルールは人間が作ったものであって・・・果たしてその行末は!といった感じです。CGのクオリティもいい感じです。

5 - サマーウォーズ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

ここに来て日本アニメを。まぁ、アバターで仮想空間をというのは実現されていますが、もっと発展した仮想空間の話ですね。ハイテクを描くことで、人間の普遍性を描いているような作品でとてもおもしろいです。単純にアニメーションとして幅広く楽しめます。

6 - The Machine(ザ・マシーン)

  • 監督: カラドッグ・ジェームズ
  • キャスト:トビー・スティーヴンス、ケイティ・ロッツ、デニス・ローソンほか
  • 公開: 2014年5月31日(日本)

人間の頭脳を移植して・・という話ですね。倫理観に訴えかける映画かもしれません。

7 - Transcendence(トランセンデンス)

好きな人が人工知能によって永遠に生かされたら。果たしてそれは永遠の愛なのか?といった感じです。ある意味暴走はしますが、世界を滅ぼすというよりは一人の人間のアイデンティティーを描いたような映画です。人間には制限があるから幸せなのかもしれない・・と考えさせられてしまいます。

8 - her(ハー)/ 世界でひとつの彼女

結構話題になりましたね。(界隈では・・)AppleのSiriが進化するとこんな感じかなという人工知能のお話ですね。人間の欲をなんでも満たしてくれる人工知能という存在と人間ならではの感情のすれ違いというところで、おもしろさがあります。

9 - Automata(オートマタ)

オートマタ [Blu-ray]

オートマタ [Blu-ray]

ロボットが日常的にいる世界がデフォルトで、ちょっと先の未来を想像させてくれます。ロボットが高度化し、感情を持った場合にどうなるか。ロボットとわかっていながら、時より見せる反応が「あ、人間ぽい」って思ったり、細かい描写がされていてドキッとします。

10 - Ex Machina(エクス・マキナ

人間に限りなく近いロボットの話といえますかね。こちらもやはり、人間の本質を炙り出そうとしている作品ではないかと思います。私たちの認識しているのは機械の延長であるというのが今の多くの人々の印象だと思いますが、たとえば見た目が人間と全く同じだったら、と考えると、人間として生きていけてしまうのではないか。。と妄想してしまいます。先進的な描写でおもしろい映画です。

あとがき

どの映画も「人間である理由は?」「人間らしさとは?」「100年後人間はどうなる?」といった芯にあたる部分への問いかけをしているようです。

映画の一部は必ず現実になると思います。未来をうまく生きていくために、人工知能の映画を観ておくと、いろいろと受け入れやすくなるのかもしれませんね。

さて、人工知能と直線的につながるわけではないのですが、人工知能を理解するために数学を勉強しはじめた私を含むそんな方々は興味深いであろう気になっている映画を一つピックアップさせていただきます。数学がテーマになっているようで、とてもおもしろそうです。2016年10月22日より全国公開ということで、見に行かなくては!

kiseki-sushiki.jp 

では、良い秋をお過ごしください。